ネットでみつけた、もっと明るい闘病法


                           
 うぃんまま


インターネットは
身近な情報の宝庫

 
「乳ガンです。」と告知された時は、まさにガーン!と一発、頭の中でゴングを鳴らされたかのよう。まるで、クラクラしたままなんの武器も持たず闘いのリングに放り出されたような気分でした。しかも、敵の姿は見えず、何がなんだかわからない闇鍋状態だから恐怖は倍増!
 まずはともかく敵を知ろうと、勉強嫌いな私も理論武装を試み、乳がんについての本を何冊か読み始めました。
 ですが、当初私が手にしたがんの解説書はあいにくどれも、勉強がニガテな私の脳細胞では追い付けない難解なものばかり。また、有名な乳がん闘病記には、胸打たれつつも「自分はこんなふうに強くて賢い患者にはとてもなれない。」と、すっかり落ち込んでしまったのです。
 そんななんとも情けない私の闘病の時間を明るく元気づけてくれた最初の情報源。それが、乳がんを体験した女性達が開設したホームページの数々でした。
 外科医でも有名ジャーナリストでもない、私と同じごく普通の主婦やOLが、日常を舞台に使いなれた言葉で発信している等身大の情報はとてもわかりやすく、私にはおあつらえ向き! 先輩患者である彼女たちの体験記は、闘病時の辛さや痛みや不便さを実際にどう乗り越えていったかという、具体的で身近な闘病ノウハウの宝庫でした。
 薄闇の中で戸惑っていた私を、初めて明るく照らしてくれたのがインターネットだったのです。

パソコンの向こうに
たくさんの仲間が

 そのことに気づいて以来、私は、HANAさんの「乳がんのホームページ」や「まゆりんの乳がんの騒動記」などを初めとし、乳がん体験者が開設しているサイトをネットサーフィンしまくりました。
 他のメディアにはないインターネットの最大の魅力。それはインタラクティブ(相互に情報を交換できる)であることだと思います。
 乳がん体験者のサイトでは、設置された掲示板上で、不特定多数の同じ病を抱えた方たちの思いにふれ、自由に情報交換することができました。普段はとかく口にしにくかったがんの話題を遠慮なく語り合い、気持ちをわかりあえる人たちと出会えた喜びは、素晴らしい心の支えでした。
 情報は病気と闘うための力。
インターネットは、乳がんについての知識という力と、共に闘う仲間という力の両方を私に与えてくれたのです。 
 そうしてインターネットには常に慰められたり、勇気づけられてきましたが、今だにいつも心にあるのが「ふあん☆FUN note」の中の「不安はあって当たり前 一緒にぼちぼちやっていきましょ」という言葉です。このサイトは、がんばりたくてもがんばれない時、私の心を優しく穏やかに落ち着かせてくれるお気に入りの場所です。
 また「リスミンの乳がん日誌」は、乳がんについての基礎知識を得たい人に、是非ご紹介したいサイトの一つ。知りたい情報が引き出しやすいシンプルな構成と、無駄なく温かくわかりやすい文章がお薦めです。
 さらに挙げておきたいのが「乳がんML TEDDY BEAR」。
このメーリングリストには、乳がん患者本人と医療従事者が参加し、悩みや疑問、その回答等をメール上で情報交換しています。確かな最新情報を得られるので、まずはページを開いてみられてはいかかがでしょう。

 

 


うぃんままのお薦めサイト

ふあん☆FUN note
http://www2u.biglobe.ne.jp/~rats-f/index.htm
大阪のRATSさんのサイト。乳がん発症から手術、術後までの想いが丹念に綴られた日記の中で心癒されるたくさんの言葉と出会えた。

リスミンの乳がん日誌
http://homepage3.nifty.com/by/index.html
乳がんに関する情報が、実にわかりやすくまとめられているので重宝させていただいたリスミンさんのサイト。乳房再建の体験談もある。

乳がんML TEDDY BEAR
http://www2u.biglobe.ne.jp/~teddy-bc/card_index.htm
メーリングリストとは、会員が指定アドレスに送ったメールが全会員に配信されるシステム。活発な情報交換と心の交流の場となっている。