スナネズミ軍団(ゼンちゃん&アレちゃん&その他大勢・・爆!)

        

スナネズミ GERBIL 

10センチほどの手のひらサイズ。後ろ足で立ち上がるしぐさが愛らしい。驚いたり興奮したりすると、タンタンと後ろ足を踏みならすことも。気弱だけどなかなか丈夫で飼いやすい。もともと乾燥した土地に穴を掘って群れで暮らしているので、複数飼いしてもケンカしない。
原産地・・アジア、アフリカの乾燥地帯
食性・・・ハムスターフード+野菜、果物
*うちの子たちは、ひまわりの種の中身とチンゲンサイが好物。                              
  

                         

か、可愛いっ!! もぉぉー、めっちゃ可愛いお父さんのゼンちゃん♪ お母さんのアレちゃんの他に子供6匹と赤ちゃん5匹がいて、それもすんごく可愛いんですよぉ!! でも増え過ぎても困るから、今は雌と雄に分けて飼ってます。

      まだ目があいてなかった時のスナネズミの赤ちゃん♪ この手は息子の手なので、大人が持つともっと小さく見えます。 

   


   

   すいすい、す〜だららった〜♪(爆)

  目があいて、さらにラブリーなスナネズミの赤ちゃん。かっわいいーー!!


   
  
 しっぽも可愛いでしょ〜♪                大きさがわかるよう、隣にボールペンを置いてみました。

                                 

 

お昼寝中のところ、失礼いたしました。(笑)

 

ん?? なんかの気配を感じるけど・・?     爆睡中。ちゃんと生きてます。(笑)


9月も終盤になってきて涼しくなってきたせいか、かたまってお昼寝中♪

 

                  
カメラを向けていると、みんな目を覚まして
少しずつ逃げていったのに
最後まで寝ていた、一番下じきになってたやつ。(笑)


★女の子たちのお部屋 ↓

 

  ★男の子たちのお部屋 ↓

 

スナネズミは足を骨折しやすいので、ゲージではなく水槽の方がいいということ。
 回し車もはしご式のものではなく、足を踏み外す心配のないカップ型のものがお勧めです。
 下には新聞紙をひいて、新聞やチラシの切れ端を適当に放り込んでおくと、
 自分たちで夢中になって細かく噛み切って、新聞製のチップを作ります。
 「動物のお医者さん」にある通り、まさに
オートシュレッダー!!
 でも、水槽は湿気がたまりやすいので、湿度の高い時期はペット屋さんで売ってる
 小動物用のチップを入れた方がいいかも。
 木製の巣箱はおじいちゃんのお手製。
 かじれる寝床として、彼等は大変気に入っているようです。(笑)