明けまして、おめでとうございます。

  
うぃんままのアジールへ 二千二年も、ようこそ! 

 





一陽来復の初春。

皆様はこの新年に、どのような夢を花咲かせ

どのような自分に出会いたいと願っておられる事でしょう。

好きな言葉の一つに

「不失花」(うせざるはな)という三字一句があります。

これは世阿弥の残した秘伝書「風姿花伝」の中にある言葉で、

「時分の花」として所詮は時と共に消えゆく若さゆえの輝きに対し、

稽古によってのみ得られ磨かれる、人の心を引付けてやまぬ真の芸術的魅力のこと。

能役者たるもの、生涯そういう花を持ち続けよと世阿弥は説きました。

芸の世界でなくとも、不失花を感じさせる方というのはいらっしゃいます。

そしてこの不失花とは、時に、見果てぬ夢であったり

時に、自分の中に探し求めている何かであるようにも思え

心ひかれる言葉の一つとなっています。

命ある限り魂の奥で生き続ける、不失花。

いま、皆様の心にある願いが、今年、強く花開きますように。

このホームページも、花の一枝なりとも咲かし続けられますように。

本年も、「うぃんままのアジール」を

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


平成十四年 元旦








  うふっ♪
By 1年多く書いてたうぃんまま(爆)


   
   HOMEへ戻りまする〜♪