乳がんの港Top 小さな提案 乳がんと告げられたあなたへ こだわりポイント集 乳がん航海日誌 LINK HOME

                       

  Asile.5 乳がんの港
  

       

             ここは、1999年に乳がんの手術を受けた管理人@うぃんままが 
                  闘病を始める方や、がんからのスポーツ復帰を目指す方達に送る応援ページです。
          
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

医学の世界は日新月歩ですし、私の古い治療記録は余りお役には立てませんが、
メンタル面のことやスポーツへのこだわり等、わずかなりともお役に立てれば幸いです。


 いま、がんの告知に呆然とされている方や、
          胸のしこりへの不安を抱えている方へ。

     
     
 乳がんという病気への不安を胸に、

       このページに立ち寄ってくださった方の中には、 

        もしかすると今、心の中に

          「がんへの恐怖」という重い荷物を     

            積み過ぎてしまっている方が    
  
            いらっしゃるかもしれません。

               そうであるなら、この港で余分な荷物をいくつか降ろし、

        
        避けては通れない目の前の荒波に

                  少しでも身軽になって漕ぎ出していただきたいと

        
           心から願っています。

                    

      

               

                     

  ここに立ち寄られた全ての方へ 

                
あなたの体を守ることができるのは、誰よりもあなた自身です。
 体に異変を感じることがあったら、迷わずすぐに専門医にかかりましょう。    
病気という敵はすべて、発見が早ければ早いほど倒しやすいんですから!       

特に乳がんは、自分で発見できる数少ないがんの一つ。
お風呂で湯舟につかっている時などで結構ですから、  
ぜひぜひ、こまめに自分の乳房をチェックする習慣をつけましょ〜!     
月経終了後5日から1週間くらいの間に、月に一度の検診日を設定し       
                 しっかり自己検診できるとベストですね! これもお風呂の中で、         
乳房に石鹸をぬってすべりを良くして検査すると良いそうですよ。           

「乳がん自己検診法」のサイトへ                



      


                   
 このサイトを創ったわけ

たとえば、TVドラマの中で主人公ががんになると、その主人公はドラマの最後に大抵死んじゃいますよね。
がん = 死とイメージされてる方も結構多いと思います。でもそれは、とぉ〜んでもない誤解!!
自分が乳がんであると知って不安の波にのまれそうだった私に、
そのことを最初に教え励ましてくれたのは、同じ乳がんを患いながらも元気に陽気に生きている、
たくましき先輩患者たちの存在でした。(ホンマにみんな、ごっつたくましいねん!・・笑)

特に、乳がんを体験した女性が開設したホームページ上での
同じ傷みをわかりあえる同志たちとの出会いはホントにうれしかった!
なので今度は、この勢いだと100まで生きそうなくらい元気な私が
ホームページを通し、乳がんの荒波に漂っているどなたかの苦しい気持ちを
ほんの少しでもひと休みさせてあげることができたらいいな・・、と思ったわけです。

      




 胸にしこりがあるけれど、病院には行ってないという人へ。  


胸にしこりを見つけて外来を訪れる人の10人中8〜9人程度は”シロ”だそうです。
ですが、「しこりをみつけたんだけど怖いから病院に行けない・・」
っていう方は驚くほどたくさんいます。

でもネ、一番怖いのは、”今、胸にしこりがある”というそのことじゃありません。
病院に行くことを先伸ばしにし、それを放っておくことによって、
自分の体内の小さなお化けを、ホントに怖ろしい化け物へと育ててしまってるかもしれないこと、
それこそが一番怖いことなんです。

しこりがあるからといって乳がんと診断されることの方が少ないし、
万一、残念なことにそれががんだったとしても、大抵の乳がんは比較的大人しいやっつけやすいがんなので、
がんだからといって、そーやすやすと死んじゃったりはしないんです。ホントだよ。
しかも、治療が早ければ早いほど大切な胸の傷も浅くて済むし闘病も楽で、絶対お得です、ハイ!!

ってなわけで、胸のしこりに不安を抱えているあなたは迷わず病院へ行くことになりました。
この場合、訪れるのは外科ですが、
その中でも特に”乳腺専門”の医師に診てもらうのがベター!
私のかかりつけの病院では、乳腺外来があるのは週に2日だけなので、
その他の曜日に行ってしまった私は、後日仕切り直しになってしまいました。
初診で病院を訪れる際は、あらかじめ電話等で確認してみてからの方が良いですよ。

* しこりが消えないうちは、観察しましょ!

しこりが良性のもので、がんの疑いが無事晴れた場合はめでたく自由放免。
でも、しこりが消えないうちは、経過観察だけは続けましょうね。
「○ケ月前に良性と診断されたのに、今度はがんと言われてしまった。」などという話を
とてもよく耳にするので一応書いておきましたが
神経質になり過ぎる必要は全然ありませんよ。
これはあくまでも、”念のため”ってだけです♪

         



 是非、オススメしておきたい本 


  
告知のショックから、本を探し購入して読むという
  気力を無くしていらっしゃる方もあるでしょうし、
  もともと本を読んだりするのはニガテという方もいらっしゃると思います。
  でも、もし私の知り合いが乳がんになってしまったとしたら、
  何はさておき、まずはこれを手に入れよう! と勧めたい本があるので、
  このサイトの中でも最初にご紹介しておきたいと思います。           
  わかりやすくて思いやりがあって頼りになる、とても素敵な一冊。
  きっとあなたの大きな支えになってくれるでしょうから、
  興味をもった部分だけでも目を通してみるとイイですよ。
  (私は出版社からの回し者じゃないから安心して下さいね。
(^o^)
  
 
「胸のしこりが気になる人が読む本」 日馬幹弘 扶桑社 ¥1429+税 ISBNコード:4-594-02611-7


 
★この本は、”全書”という名にふさわしく、
  乳がんに関する様々な情報がわかりやすく網羅されているので
  これもオススメの一冊です。

「乳がん全書」出版:法研 編纂:福田 護 ISBN:4879544191 ¥2,300

 




  

  うぃんままの乳がんの記録 

      種 類・・・・・・・硬がん(scirrhous carcinoma)
                  しこりの大きさ約1,2センチ
      病 期・・・・・・・ステージ 1
      手 術・・・・・・・1,999年1月29日
                  乳房温存手術(1/4 扇状部分切除)
                  &腋窩リンパ節サンプリング
      リンパ節転移・・・・ナシ (腋窩 0/7)
      *
ホルモンレセプターの有無・・ER(+)、PR(?)
      *
断 端・・・・・・・陰性
      *
術後の補助療法・・・放射線療法  
                    リニアック 2,0グレイ×25回
                  ホルモン療法
                    タモキシフェン(ノルバデックス)の服用
                    2回/1日 × 5年間
                   (*元気だったし不安も無かったので3年でやめました。)     


                         


次のページへ
                







Since 2,000/7/8