外科療法のつづき・・・・



 乳房温存手術 

腫瘤摘出術

乳房のしこりだけをくりぬいて切除する手術です。乳房の変型が少なくて済むかわりに、がん細胞を取り残す可能性も大きいので、手術後必ず放射線照射を併用します。

乳房円状部分切除術
しこりとその周辺の正常乳腺を部分的に丸く切除し、同時にわきの下のリンパ節を切除します。切り残した乳房(温存乳房)にがん細胞を取り残す可能性があるので、原則として手術後、放射線照射が併用されます。

乳房扇状部分切除術
温存手術の中では、切除する範囲が最も広い手術です。多くの場合、しこりを含めた乳房の1/4を、乳頭を中心にして扇型に切除。同時に、必要に応じてわきの下のリン節を切除します。原則として手術後、残っている乳房に放射線照射を行います。

            *場合によっては、手術前に抗がん剤や放射線治療を行い、
             しこりを小さくしてから温存手術を行うこともできます。



 乳房切除手術 

全乳房切除術(単純乳房切除術)
がんのできた側の乳房を全部切除しますが、わきの下のリンパ節は切除しません。しかし、そのリンパ節にがん細胞が転移していた場合には取り残すことになりますから、行う場合を慎重に選ばなくてはなりません。理論的に転移の起こらない非浸潤がんの場合は、この手術を行えば100%治せると言われています。

非定型乳房切除術(胸筋温存乳房切除術)
この手術法は、現在の日本における最も一般的な乳がんの手術法であり、約6割の患者さんに行われています。乳房はすべて切除しますが大胸筋は残します。わきの下や鎖骨の下のリンパ節は切除します。

定型乳房切除術(ハルステッド手術、胸筋合併乳房切除術)
乳房全部に加え、わきの下と鎖骨下のリンパ節を完全に取り除くため、大胸筋と小胸筋も切除します。かつてはこの手術方法が標準的手術方法として実施されてきましたが、現在ではがんが胸の筋肉に達している場合にだけ行われます。


 乳房再建術 

がんを切除する手術で失われた乳房を、自分の筋肉または人工物を使用し形成する手術です。再建手術はクォリティ・オブ・ライフの面でたいへん有効であると言え、事実、施行症例は年々増加しています。
ですが、やはりこの手術にも幾つかの問題点がありますので、再建術を希望される方は担当医はもちろんのこと、ご家族ともじっくりとご相談の上、決められたほうが良いでしょう。現在この手術を希望される方は、1〜2割くらいです。


                           

乳がんと告げられたあなたへ のTOPへ