*** 乳がんの治療法と、クォリティ・オブ・ライフについて。 ***


乳がんの治療方法には、外科療法放射線療法ホルモン療法化学療法があります。多くの場合は外科療法の手術を行った後に、ホルモン療法や化学療法を行います。
このように手術に加えて行われる治療を補助療法と呼びます。

外科療法 

乳房にできたがんとその周囲の正常組織を、手術によって切除します。切除する範囲は乳がんの病期により異なりますが、一般的には、早い時期に見つかった乳がんほど狭い範囲の切除で済みます。
乳がんの切除と同時に、わきの下のリンパ節の切除
(腋窩(えきか)リンパ節の郭清(かくせい)。)も行います。(リンパ節の切除の程度は、病期によって異なります。)
これは乳がんのひろがりを検査し、術後の補助療法の必要性を決めたり、再発の可能性を予測するためのものです。

日本では10年くらい前まで、乳がんといえば、がんのできた乳房そのものを胸の筋肉からすっかり取ってしまうハルステッド法という乳房切除手術が行われてきました。
しかし最近では、乳房を残して乳がんを治療する乳房温存手術を受けられる方が、全患者さんの約3割を占めています。
これは、早期の乳がんの患者さんの場合、乳房をすべて取り去る方法をとっても、乳房を残して補助療法を加える方法をとっても、その生存率に差がないことがわかったからです。
ただ、乳房温存療法には、腕や肩の運動障害が軽度で済み、術後のリハビリテーションによってより早く回復できるという長所があると同時に、切り残した乳房の中に、再び乳がんが現れる乳房内再発の可能性も残してしまうという短所があります。

女性にとって、乳房を傷つけなければならないことは、たいへんな痛手です。
昔は「命さえ助かるなら、それで有り難いと思いなさい。」という考え方が主流でしたが、今では、命を守るだけでなく”病気にかかった後の生活の質を、できる限り良好にするための治療を行う。”という考え方が大切にされるようになってきました。
この生活の質のことをクォリティ・オブ・ライフ
(quality of life=生活の質、よく”QOL”と略して使われる。)と言います。

切除する部分が少なければ少ないほど、患者さんの受けるダメージも少なくて済みますから、クォリティ・オブ・ライフ
(生活の質)を高めるためには、乳房温存手術はたいへん有効な治療法と言えます。
ですが、温存療法には上で述べたような短所があるため、病状によって温存より乳房切除手術を受けた方があきらかに良い患者さんも多くいらっしゃいます。
そして、乳房切除手術には、乳房を一つ失うと同時に、乳房内再発をなくすことができるという非常に大きな長所があります。

患者さんによっては、「乳房を失ってでも、乳房内再発の心配をせずに暮らすことが、自分にとってクォリティ・オブ・ライフを高めることになる。」という方もいらっしゃれば、「生存率に差がないのなら、乳房を温存することが私にとって譲れないクォリティ・オブ・ライフだ。」という方もいらっしゃいます。
いずれにしろ大切なのは、医師から充分なインフォームド・コンセントを受け、ご自分の病状にとってどういう手術法が有効であるかを、じっくりご相談なさることです。
今後もご自分らしいより良い人生を生き続けていくために、あなたご自身が最も納得のいく手術法を選択していきましょう。

 

         ★point  リンパ節の切除と、リンパ浮腫について
  
                    
* リンパ節切除の中でも、その部分のリンパ節とリンパ管を
                                脂肪ごと根こそぎ取ってしまうことを郭清と言う。

 手術の方法を選択する場合、ほとんどの患者さんがまず第一にこだわるのは、乳房そのもの をどの程度残せるか否かという点です。                        しかし、術後の運動機能の変化を左右し、腕や肩にあらわれる後遺症を引き起こす原因とな る大部分は、実はリンパ節の切除の程度にかかっています。               ですから、リンパ節を切除するかしないかについての選択や、切除の範囲&程度の判断も、 乳がんの手術を行う上での大変重要なポイントと言えます。              

 リンパ節の切除を行った場合、術後の後遺症として「リンパ浮腫(むくみ)があらわれる
 ことがあります。
(必ず起こるものではありませんので、心配し過ぎる必要はありませんが。)
 
これは通常のむくみより症状が重く、ほうっておくと重度の機能障害を引き起こし、そうな ると完治するのが難しい深刻な後遺症となってしまいます。

 なのでリンパ切除をされた方は、リンパ浮腫を発症しないよう、術後は何年たっても、その 予防を心がけていくことが大切です。
 ●リンパ切除した側の腕は感染に弱いので、ケガをして化膿させないよう充分注意する。
 ●重い物を長時間持ったりして、腕を酷使し、むくませないよう気をつける。
 などのことの他、自分の場合はどんなことに気をつけるべきか、担当医にしっかりアドバイ スしていただきましょう。
 またリンパ浮腫を発症してしまった場合はすぐ担当医に相談し、むくみ治療専門の病院を紹 介してもらうなど、悪化させないうちに迅速に対応することが必要です。






                         

乳がんと告げられたあなたへ のTOPへ