*** より良い治療を受けるためには、乳がんについて知ることが大切です。 ***




医師には、患者が自分の病状や治療法についてよく理解できるよう、わかりやすく説明しながら充分な情報を提供し、患者がそれを納得し確かな同意を得た上で、その意思を生かした治療を行っていく、というたいへん重要な義務があります。
これをインフォームド・コンセントと言います。
(inform=説明、consent=同意)

「患者さんに病状をしっかり理解してもらい、その人にとっての最善の治療を選んでもらおう。」というインフォームド・コンセントの姿勢は、医師にとってなくてはならないものです。
同時に、患者さんの側にも「医師の説明をしっかり理解できるよう乳がんについて勉強し、自分にとっての最善の治療法を選び、決定していこう。」という積極的な姿勢があった時、医師と患者は、さらに強く協力し合ってがんと闘っていくことができます。

ですが、告知のショックで頭が一杯になっている患者さんの中には、
「 がんという言葉を聞くことすら辛く、入院の準備で時間もないというのに、
  なぜ今、乳がんの勉強までしなくてはならないのだろう?
  なぜ、すべて医者任せではいけないのだろう?」
そうお感じになる方も、たくさんいらっしゃることでしょう。
また患者さんには、”自分の病状を知ることを拒否する”という権利もあります。

では、なぜ学ぶことを勧めるのか・・?

それは、乳がんについて知ることで
自分にとって、最善の治療を受けるための力をつけるためです。
これはどういうことかと言いますと・・、

一口に乳がんと言っても、患者さんによって病状は千差万別ですから、
手術の方法や服用する薬など、治療法は病状に合わせて細かく違ってきます。
そして、どんな治療法を選んだとしても、そこには長所と短所があります。
たとえば、手術にあたって、
生存率にさほどの違いがないなら、体へのダメージがより少ない手術法を選ぶか・・、
それとも、わずかの差だとしても再発の可能性がより低いことを最優先し、
そのかわり体へのダメージはより大きい手術法を選ぶのか・・、
「 優先させることによって手術の方法が異なるので、どちらかを選択しましょう。」
といった場面に出くわすこともあります。
そういう場合、ご自分の人生の中で何がより大切であり、どちらを優先させるべきかを
誰より知っているのは医師ではなく、あなたの人生を生きているあなたご自身です。
選べることはすべて、ご自分でお選びになりたいはずですし、
患者さんにはその権利があります。
ところが、乳がんについてほとんど知らないままでは、
ご自分の治療についてよく理解し、判断し、決定していくことができません。
そうして疑問や迷いばかりを残し、納得できないままの治療を受けていくことは
患者さんにとって大変辛いストレスになってしまうでしょう。

つまり・・・、          
医師の説明をよく理解し、判断し、医師との間に心からの信頼関係を築きながら、
ご自分の意思が生かされた最善の治療を受けていくために
また、闘病の期間をより良い日々にするために
さらには、手術後の長い人生をより良いものにするために
乳がんについて知ることが大切なのです。

と言っても、今の時点のあなたに必要なのは乳がんについての基礎知識だけです。
ここまで読んでくださった中でも、あなたはもういくつかのことを知りました。
”勉強”などと構えてしまわず、肩の力を抜いて、 
次ページからは、乳がんについて少し具体的な情報を仕入れてみましょう。
敵を正しく知ることで、あとに悔いを残さない、
より納得のいく闘病を始めましょう!



          

 
                            

乳がんと告げられたあなたへ のTOPへ