乳がんの港Top 小さな提案 乳がんと告げられたあなたへ こだわりポイント集 乳がん航海日誌 LINK HOME

 乳がんと告げられたあなたへ

               

                                      
(闘病を始めるのためのしおり)



          乳がんの告知を受けたこと。
          それはどなたにとっても、辛く大きな出来事です。
          ショックと混乱の中で、この事実を冷静に受けとめることは、簡単ではないでしょう。
          でも、もしもあなたが今、立ち直れないほどの絶望感にうちひしがれているとしたら、
          ひょっとしてあなたは、がんは死の病だという辛い思い込みによって、
          ご自分を余計に苦しめてしまってはいませんか?

          確かにこの病気は、昔は不治の病でした。
          しかし、がんの診断・治療が大きく進歩した今では、医療事情が昔とはすっかり異なり、
          がんのほとんどが死の病であった時代は、すでに過去のものとなっているのです。

          ですから決して、がん告知が死の告知であるかのように、お考えにならないでください。
          それどころか、
          告知は、あなたがこれからもより良い人生を生き続けていくためになされたものです。
          
乳がんというあなたの敵が倒せる相手であり、だからこそ始めるより良い治療のために、
          医師が「さぁ、行動を開始しましょう。」とあなたに告げた闘病スタートの合図なのです。

          一口にがんといっても、その中には異なった性質を持つたくさんの種類があります。
          乳がんは比較的大人しく、ゆっくり進む性質をもっているため、
          がんの中でも治療しやすい相手です。
          2,000年4月に行われた国際医療シンポジウム「がんと遺伝子−予防・治療への展望」の中で、
          国立がんセンター・中央病院乳腺外科医員の明石定子医師は
          「乳がんは7割以上が治ります。早期なら9割以上です。」と発表しています。
          
          入院のこと、治療のこと、たくさんの不安や心細さ。
          今、あなたの心の中には、ご心配なことが山積みになっていらしゃるでしょう。
          さらにその上、誤ったマイナスイメージや根拠のない恐怖心まで積み上げて、
          ご自分の心を重くし過ぎないであげてください。

            大丈夫! あなたは決して一人ではありません。
          乳がんとの闘いの専門家である医師のサポートや看護婦のケアを受けながら、
          この病気をきっと乗り越えていけます。
          乗り越えた喜びを、万感の想いで実感できる素敵な日が必ずきます!
          一緒に乗り越えていきましょう!